Historie der erpo Möbelwerk GmbH | Designsofa, Sessel

  • erpo のソファ
    歴史

  • 設立期(1952 – 1959)

    設立期(1952 – 1959)

    高度経済成長期には快適な高級家具の需要が高まりました。1952 年には、これまで繊維加工に携わってきた企業が、シュヴァーベン地方のエルティンゲンでソファ、ソファベッド、および、マットレスの製造を開始しました。

    社名について: ERPO という社名は「エルティンゲン(Ertingen)」と企業目的である「ソファ(Polstermöbel)」を組み合わせたものです。ほとんど予告的とも言える社名です。今日に至るまで、市場の国際化が急速に進む時代に、Erpo 社は自社製品の品質を確信して、会社設立当時の拠点で生産を続けています。

    ERPO は「ドイツ製」の品質をお約束します。時代に合ったソファデザインに加えて、Erpo 独自のソファのモデル開発は 60 年を超える歴史を有します。今日も、将来も、モデル開発に取り組んで参ります。

    詳しく読む
  • 品質(1974 – 1984)

    品質(1974 – 1984)

    1970 年代と 80 年代には多数の低価格サプライヤーが市場に参入しました。これを理由に、従来にも増して製品の高品質性を重視して強調するようになりました。中心的なツールは約 300 の画像(スライド)を使用したプレゼンテーションでした。これによって、JS 加工および素材品質を目に見える形でアピールしました。

    ソファ本体の高価な構造とフレームを目で見てご理解いただくように図解説明しました。これらの画像によって、ERPO は目に見えないものを可視化しました。同じ目的のために、「Erpo ソファ – 7 つの品質を封止した本(Erpo Upholstered Furniture – an Open Book)」というカタログも準備しました。このカタログは製品について詳しく説明しています。

    張り地素材「Made in Germany」を製造して、縫い目とクッション材の丁寧な加工を可視化しました。ERPO 製品の高品質と優れた耐久性を分かり易く説明することが戦略的な目的でした。

    詳しく読む
  • 国際化(1985 – 1990)

    国際化(1985 – 1990)

    1980 年代半ばには経済が著しく減速しました。その結果、1985 年に erpo は国際的に活動する家具メーカー「Ekornes」に吸収されました。

    シュヴァーベン地方のメーカーのモデルとノルウェーの企業の製品が「Ekornes Erpo」ブランドとして販売されることになりました。しかし、両社の製品は、2 つの異なる哲学に基づく 2 つの異なるタイプの製品でした。両社製品の違いのために、パブリックイメージも調和がとれませんでした。

    しかしながら、この時期の収穫は、ノルウェーの企業による吸収によって、ERPO というブランド名も国際的に知られるようになったことです。その後 1990 年に erpo が独立性を取り戻した後も、この国際的な知名度を結び付けていきました。

    詳しく読む
  • 新たなスタート(2010)

    新たなスタート(2010)

    新しい時代は力強く開始しました。新しいルックと新しいスローガンは「座る文化」です。これによって、製品の高品質が従来以上に強調されました。中心となるスローガンは「ERPO効果」です。新しいスタジオコンセプトが販売場所での製品の魅力を高めます。

    追求する方向が正しいことが確認されました。2010 年に markt intern-誌は代理店満足度についての調査を実施しましたが、PERPO は2006 年と 2008 年に続いて 3回連続して第 1 位の座を獲得しました。

    今後 60 年に向けた責任と約束

    詳しく読む
  • マーケティング(1960 – 1973)

    マーケティング(1960 – 1973)

    市場は継続的かつダイナミックに変化しました。基本的な条件が常に変化する中で基礎を築くことを目指す企業には柔軟性と適合性が求められます。
    ERPO も同じです。

    1960 年代当初から、家具市場が成熟し始めました。それによって、小売店と一般のお客様を惹き付けるためのマーケティングの必要性が高まりました。

    販売マニュアルが導入され、さらに、当時の販売提携先の名前入りの1維とレザーの見本帖も準備されました。ERPO のロゴが刷新されて、「座り心地」のスローガンとともに使用されるようになりました。

    詳しく読む
  • Lugano(1985)

    Lugano(1985)

    1980 年代のカタログを見ると、現代では不思議に思えるような製品名があります。「モデル 4832」は「モデル 765」または「モデル 2025」の横にあります。これらの名前は製品の個性をさらに発展させる空間が限られています。

    そのため、大きなステップとして、「モデル 1420」を南国の雰囲気を連想させる名前に変更しました。Lugano系統的な名前の付け方の基本が決まりました。これは、今日では「collection」シリーズ の特徴となるものであり、製品の明確な差別化が可能になりました。

    しかしながら、製品説明では現在も次のような従来の専門用語を使用しています: 「機能装備の高い背もたれの 1 人掛けソファシート、背もたれ部分、ヘッド部分からリクライニング位置まで調整可能です。レイヤーにはクッション材を入れてご希望のシームを施します。高密度ダクロンファイバーフィル仕様のコールドフォームシートにはラバー製の伸縮性ベルトサスペンションを採用マッチするスツール」。

    詳しく読む
  • 製品群(1991 – 2009)

    製品群(1991 – 2009)

    独立性を取り戻した後で、基本に立ち戻りました。ロゴも変わりました。er という文字と po という文字は 2 色で区別されています。これによって、従来にも増してエルティンゲンの生産拠点に注力しました。

    更なる決定がなされました: 「CLASSICS」と「Das Prinzip der Bequemlichkeit®」(今日の「collection」)という 2 つの製品群を発表することで、すべての製品の位置決めを最適化しました。モジュラーシステムを導入して生産の合理化を図りました。

    急成長とそれに伴う生産能力拡大の必要から、 ERPO は 1998 年にドンツドルフを拠点とする Dreipunkt 社の吸収を決定しました。.ドンツドルフで使用できるようになったスペースは、後に広々としたショールームとなりました

    詳しく読む